コーポレートカードって何?

コーポレートカードとは、法人組織に対して発行されるクレジットカードのことです。

その性質から経費決済カードとも呼ばれています。

コーポレートカードは、主に大企業が従業員に、活動経費の決済のために持たせるもので、従業員はカードを使って、交際費や出張旅費、その他の経費を精算するために利用します。

コーポレートカードを利用するメリットは、海外主張の際に便利で、仮払いや立て替え費用が不要となり、カードの使用先の記録も残るので経理事務手続き、管理が簡素化できます。

使用方法は個人カードと変わらず、キャッシング機能を付けることもできます。

審査も個人カードよりも柔軟です。

コーポレートカードは通常、企業側が任意の発行枚数を決めることができ、利用限度額も企業の部署単位で設定されています。

希望枚数の子カードを発行することができますから、運送会社などは車両ごとに子カードを決めて、車両のガソリン使用料を管理するツールとしても活用しています。

ETCコーポレートカードも発行されるようになり、高速道路の利用状況も乗り降りの時間まで正確に把握できるようになりました。

ETCコーポレートカード利用に対する通行料金の割引も設定されています。

コーポレートカードはゴールドカードと同様のサービスを受けることができるので、空港でのラウンジ利用や旅行傷害保険が室料で利用できるメリットもあります。

個人事業者向けのカードや、福利厚生での使用に特化した福利厚生カードも発行されています。

ページのトップへ戻る