国内ETFとは?

国内ETFとは、国内上場投資信託のことをいいます。

株価指数や、商品の値段、商品の指数に合わせて連動するように作られていて、取引所に上場されている投資信託のことをいいます。

一般的な株式と同じで、立会時間の中であれば、いつでも売買することができますから、株の取引をしたことがないという人でも手軽に始められるというメリットがあります。

国内ETFのメリットとしては、まず一つ目にいつでも好きに売買できるということがあります。

普通の投資信託の場合には1日に1回公表される基準価額で、注文するしかないのですが、国内ETFの場合には普通の株式と同じで、立会期間内ならいつでもリアルタイムで売買可能です。

指値注文や成り行き注文、逆指値注文といったような条件注文もできます。

そして国内ETFは普通のTOPIXや日経平均などの株価指数、通貨、商品価格に連動して運用しますから、とてもわかりやすく、投資の判断が付きやすいのが特徴です。

マーケットスピードの場合には株式関連、お金関連の豊富な情報がリアルタイムでわかりますから、知識がなくてもすぐにわかります。

なんといっても国内ETFは普通の投資信託と比較すると、信託報酬といった運用コストが安いのも特徴の一つですから、手軽に取引が可能です。

そして少ない資金でも分散投資をすることができますから、個人では少し直接投資が難しい資産も投資できるというメリットもあります。

万が一下落相場になったとしても収益のチャンスがあるのも特徴の一つです。

ページのトップへ戻る