精製水とお肌の関係

精製水をスキンケアに使うと、お肌への負担が少なくなるため、お肌の調子が良くなったり、お化粧のノリが良くなったりします。

私たちが普段、洗顔などスキンケアをするときは、水道水を使います。

しかしこの水道水、殺菌のために、塩素やカルシウムなど、薬品・不純物が入っているものです。

当然、お肌への負担がかかります。

せっかくお肌に優しいスキンケア化粧品を使っていたとしても、水道水で洗顔しては効果も半減してしまいます。

だから精製水を使うとお肌にいいのです。

ただ、精製水はお肌への刺激がなく、ナチュラルな分、腐りやすくバイ菌も繁殖しやすい状態にあると言えます。

だから使用する際には、なるべく早めに、そしてバイ菌がつかないように使用するようにしましょう。

使い方としては、コットンに精製水を含ませ、その上に化粧水をつけてお肌にパッティングするという方法があります。

精製水を含ませた後の化粧水なので、少し化粧水が薄まる感じです。

しかし薄くなっても効果は変わらず、かえってお肌の調子がよくなったという声もあります。

あるいは水道水で洗顔をした後に、お肌についてしまった塩素を精製水をしみこませたコットンで拭きとるのもいいでしょう。

精製水を用意し、コットンを用意し、というのが面倒なら、精製水をあらかじめしみこませた精製水コットンというのも販売されています。

これだとコットンにしみこませるという手間が省けるので楽ちんです。

面倒くさがりさんにおすすめです。

ページのトップへ戻る