チップセットって何?

チップセットとは、CPUからの命令を他のデバイスに伝える役目を果たすパーツです。

チップセットは、動作が高速なデバイスを担当するノースブリッジと、動作が低速なデバイスを担当するサウスブリッジによって構成されています。

サウスブリッジは、主としてIDE機器(ハードディスクドライブや光ディスクドライブ)、PS/2に接続する機器(マウス、キーボード)、USB機器、そしてBIOSなど低速で動作するデバイスを制御します。

対して、ノースブリッジはメインメモリやグラフィックカードなど、動作が高速なデバイスを制御します。

また、サウスブリッジとCPUとの間のデータ転送の制御もノースブリッジが担っています。

また、CPUに他のデバイスから送られてくるデータを伝えるためのLSI(大規模集積回路)としての役目も担っています。

通常のPCは、チップセットがそれぞれのデバイスの電気特性の違いやデータ転送速度の差を吸収することで、データ転送のタイミングが制御されるという構造になっています。

主にメインメモリや、各種ディスクドライブ、拡張カード、マウス、キーボードの動作などに関連するパーツです。

コスト削減の観点からノースブリッジとサウスブリッジを一つにまとめているチップセットもあり、こうした製品は「ワンチップチップセット」と呼ばれます。

マザーボード上での位置関係から、CPUに近い側を「北」=「ノース」、遠い側を「南」=「サウス」と見なして、このような名称が付けられました。

ページのトップへ戻る