野菜ソムリエ資格取得方法

野菜に関する深い知識を求める資格が野菜ソムリエです。

食育の重要性、あるいは食の安全性が指摘されている現在、日ごろ口にしている食材についてる知識が求められています。

とくに野菜は健康的な体作りに欠かせないもの。

そんな野菜に関する知識を手にいれ、充実した日常生活を送るための資格が野菜ソムリエです。

また、日常生活だけでなく、食品業界でのニーズも高まっており、就職・転職にも役だつ資格として注目を集めるようになっています。

この野菜ソムリエには難易度によって3種類の段階があります。

「ジュニア野菜ソムリエ」 「野菜ソムリエ」 「シニア野菜ソムリエ」 です。

それぞれ所定のカリキュラムを修了した後に試験を受け、合格することで資格を取得することになります。

「ジュニア野菜ソムリエ」では1回2時間のカリキュラムを計7回行います。

「べジフル入門」「べジフルサイエンス」「べジフルコミュニケーション」「べジフルクッカリー」などの科目が用意されています。

「野菜ソムリエ」では1回2時間のカリキュラムを計12回。

「生産」や「品目」「青果物と健康」「歴史と時事」「マーケティング」となどより幅広い知識を学ぶことになります。

試験は筆記、口頭、面接の3段階に分かれています。

そして最高峰となる「シニア野菜ソムリエ」では1回2時間のカリキュラムを計18回。

そして試験は筆記試験と論文からなる一次試験と面接による二次試験とでなりたっています。

非常に幅広い知識が求められ、高い難易度を誇る資格となっています。

なお、「野菜ソムリエ」と「シニア野菜ソムリエ」はそれぞれ下位の資格を取得してることが受験資格となります。

ページのトップへ戻る